ハネムーン

【屋久島への新婚旅行】おすすめの時期は?ホテル&プランも

新婚旅行は国内で考えているけど、場所はどこにしよう・・・とお悩みですか?

もし体力に自信があるなら、鹿児島県の屋久島を全力でおすすめします。

みんながこぞって行く定番スポットへの新婚旅行ももちろん素敵ですが、人と被りにくい新婚旅行先なので特別感がありますし、友人知人にちょっとした自慢もできますよ。

今回は、そんな屋久島の新婚旅行についてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってください!

屋久島への新婚旅行の魅力とは?

5f1b50a728d80195a751f6ac1eb0d254_t

屋久島の魅力といえば、まず思い浮かぶのが「屋久杉」です。

屋久島へ訪れる人の大半が屋久杉を目当てにするほどで、近年ではパワースポットとしての知名度も高く、ますます観光者が増えているとの事です。

長いお休みがめったに取れない社会人にとって、新婚旅行は普段なかなか行けない場所を満喫する絶好のチャンスでもあります。

海、山、森など豊かな自然に囲まれた絶好のロケーションが魅力の屋久島に行ってみませんか。

屋久島観光におすすめの時期

6714caaf51e9744483591b9effed43c8_t

  • トレッキングするなら春(4~5月)と秋(10~11月)がおすすめ!

ちなみに屋久島のトレッキングは積雪がなければ、オールシーズンできます。

人混みを避けて静かに森を楽しみたいなら、GWを除いた3月下旬〜6月の梅雨入り前までか9月〜11月の連休以外がオススメです。

 

  • カヤックのベストシーズンは4月〜10月!(ガイドツアーに参加することになります)

 

  • 海水浴・ダイビング・シュノーケル(海の湾内のみ)のベストシーズンは7~9月

ダイビングと川でのアクティビティは必ずガイドツアーに参加してください。

 

  • ウミガメ観察のベストシーズンは5月~7月(必ずウミガメ観察会(要予約)に参加しましょう)

宿泊先は宮之浦〜永田エリアだと便利です。

 

  • 観光(滝めぐりや温泉など)のベストシーズンはいつでもOK(全島において入場料、駐車料金は不要)

滝や温泉は、屋久島の南エリアに集まっています。

 

  • 逆に外した方がよいのはトレッキングが目的なら山の積雪の可能性の高い2月。

そして何をするにしても、梅雨時期の6月は外した方が賢明です。

屋久島への新婚旅行の費用・予算

ece38058422269db0810bc39099bb412_t

屋久島へ旅行に行くのに必要な費用の内訳は、交通費、宿代、屋久島内での交通費(バス代・レンタカー代)、ガイドツアーへの参加費用、滞在費(食事代や入館料)、お土産代となります。

2泊3日の場合、2人分で20~30万円になります。

※トレッキングしない場合はガイドツアーへの参加費用(縄文杉15,000円、白谷雲水峡12,000円)を引いてください。

【屋久島】新婚旅行におすすめのホテル・宿3選

屋久島いわさきホテル

げじべいの里などの人気観光スポットに近い屋久島いわさきホテルは、屋久島町のハイライトを巡るのにおすすめ。

映画やテレビのロケ地としてはもちろん、画家・詩人・アニメーターといった国内外の著名人の方々からも注目されてきたホテル。

2000年には世界自然遺産国際会議の舞台ともなり、各国の主賓と共に皇太子殿下・雅子妃殿下もご利用されました。

館内には天然の温泉・露天風呂、プール、バー・ラウンジなど施設も充実しています!

屋久島いわさきホテル 公式サイト

sankara hotel&spa 屋久島

屋久島を享受できる山と海に囲まれたオーベルジュ型リゾートホテルです。

プライベートリゾートにふさわしいバトラーサービス付きの客室を完備。最高級スイートルームは露天風呂付き。

レストランではフレンチの名シェフの技と良質な九州食材が織り成すクオリティの高い料理が愉しめます。

ライブラリーラウンジがあり、屋久島や食、ワイン、サウナに纏わる本が並びます。

タイで人気の100%オーガニックハーブを使ったスパサロンでは深い癒しを体感できます。

サンカラ屋久島 公式サイト

JRホテル屋久島

「JRホテル屋久島」は屋久島の南部尾之間にあり、屋久島を周遊観光するためには最適なロケーションです。

世界自然遺産登録地域内のモッチョム岳や太平洋から東シナ海を見渡せる屋久島屈指の眺望が魅力です。

また、併設する日帰温泉施設「屋久島温泉」はPh9.7というアルカリ性単純温泉で美容液に浸っているようなとろみを実感でき、湯上りはお肌がしっとりすると好評です。

JRホテル屋久島 公式サイト

屋久島の新婚旅行おすすめプラン

ac41504810f42c19021261e14017428e_t

屋久島は『縄文杉トレッキング』を目的にいらっしゃる方がほとんどのため、3泊4日のトレッキングプランをおすすめいたします。

 

【1日目】トレッキング前日の準備

ガイド事務所に立ち寄り、ガイドとの打ち合わせやレンタル品の貸し出し等を行います。

 

【2日目】白谷雲水峡・太鼓岩コーストレッキング

苔に覆われた緑深い神秘的な原生林を歩くコースです。

「もののけ姫の森」と称される苔むす森を超えて太鼓岩の展望台を目指します

(所要・歩行時間 約6時間)

 

【3日目】縄文杉トレッキング

荒川登山口から出発して、かつて杉の搬出に使われていたトロッコ道を歩いていきます。

景色を楽しみながらトロッコ道を抜けると、ウィルソン株などの巨木が現れる原生林。

さらに奥に進むと、最後に威厳に満ちた森の主のような縄文杉との感動的な出会いが待っています

(所要・歩行時間 約10~11時間)

 

【4日目】フリー

屋久島の交通は、バス、レンタカー、タクシーの3種類です

バスは都会のように発達していないので、1時間に1本程度の頻度となります。

時間的余裕がある方は、のんびり回れます。

ちなみに1日周遊チケットもありますが、2名以上ならレンタカーがお得です。

(軽自動車で1日4,000円くらいから。事前予約が必要です)

 

屋久島をぐるり一周する県道は、ほぼ海沿いにありますので、屋久島ドライブはずっと海がそばにあり、天気の良い日なら海を横目にただドライブするだけでもリフレッシュできます。

距離にすると一周は100km、時間にして最短で3時間かかりますが、見所である滝や観光スポットに立ち寄っていると1日はかかりますし、ゆっくり回るとすると1日以上かかります。

ですので、立ち寄り場所を3~5箇所くらいにして、景色を楽しみつつ、ゆっくりのんびりドライブがてらに、がオススメです。

新婚旅行は「屋久島」へ

屋久島といえば「縄文杉トレッキング」や「宮之浦岳登山」など山のイメージが強いかもしれませんが、海でシュノーケルもオススメですし、温泉や滝もいいですよ。

他にもパワースポット巡りなど、ぜひ屋久島を堪能してくださいね。