よみもの

「結婚式不要論」について考える ナシ婚の現状も

近年、結婚式をしない「ナシ婚」を選ぶカップルが増えています。

結婚するなら結婚式を挙げることが当たり前だった時代とは違い、人々の価値観が変化してきたことが「ナシ婚」増加の要因ではないでしょうか。

結婚式を挙げるか迷っている方はご参考になさってください。

「結婚式不要論」について

かつては結婚式に費用をかける傾向にありましたが、近年のカップルは結婚前に同棲しているケースも多く、「結婚式にお金をかけるよりも生活の足しにしたい」との意識が強く働くそうです。

 

新居の初期費用や家具・家電にお金をかけたりして納得できるものを揃えると、明るく前向きな新婚生活を始められるのでしょう。

 

また、結婚する二人が若い場合、その友人もほとんどが同世代となります。同じような経済状況の人が多く、働きはじめてそれほど年月が経っていないため、出席する場合はご祝儀の他に衣装を揃えるなど出費は大変です。

 

結婚式を挙げないということは、自分たちにも友人にも金銭的な負担がかからないことになり、結婚式は不要だという結論になるようです。

経済的理由

「予算が足りないのに無理して挙式する必要はない」「結婚式に使うくらいなら新婚旅行や新居購入に回したい」といった金銭的理由から結婚式はいらないと考えるカップルがかなり多いそうです。

 

結婚式にかかる費用は全国平均で354.9万円ですので、結婚式への思い入れがない場合、なぜそんな大金を使ってまで挙式しなければいけないのかと感じても仕方がないでしょう。

 

それよりも新婚旅行や結婚指輪にお金をかけたいというカップルも多く、今後の生活を考えてもかなり妥当な意見ではないでしょうか。

授かり婚

0ef62d4bf14b9a23eed9345082aae805_t

つわりがひどくて結婚式を挙げるにしても準備ができそうになかったり、妊娠中は何が起きるのかわからないので結婚式は挙げない方がいい、などの判断をするカップルが多いようです。

 

いずれやりたいと思ってはいたけど、子供が生まれてそれどころではないというカップルも。結婚式とそれに伴うリスクを天秤に掛けてリスクの方が大きく感じた場合、結婚式はやらなくてもいいかな・・・と思うようですね。

セレモニー的行為がイヤ

とにかく人前に立つのが嫌だという方は、わざわざ時間とお金と労力をかけて嫌なことをしなければならないのか、と感じるのだそうです。

 

招待客の半分はどうしても関わりの浅い相手になるので、「顔もよく知らない相手が大勢いる空間で楽しめる気がしない・・・」と尻込みしてしまうのも理解できます。

 

また、儀式的なものに疑問をもつカップルも多く、例えばファーストバイト。「新郎は新婦に対して一生食べさせるのに困らせない、新婦は新郎に美味しいご飯を作り続ける」という誓いの意味がありますが、現代では共働きの家庭も多く、違和感を抱いてしまう方もいるそうです。

 

そういったことの積み重ねで、自分たちの結婚観にそぐわない儀式を行うぐらいなら、結婚式は挙げなくてもいいと考えてしまうとのことでした。

ナシ婚の割合と現状

1f591a15dceaec92dd8c2a2e28a767f5_t

明治安田生命保険の調査では2019年10月以降に結婚した新婚カップルの中で、結婚式を挙げていないカップルは58.8%だったことが分かりました。

それ以前の調査では、結婚したカップルで挙式しなかったのは20.4%だったので、3倍近いカップルが挙式を見送ったこと、ということになります。

これは緊急事態宣言が連続的に発令され、親族ですら結婚式へ参列しにくい時期が続いたことが原因で若者のナシ婚が増加したものだとも言えます。

 

また、結婚情報誌「ゼクシィ」を発行するリクルートによると、2020年度の結婚式(披露宴を含みます)にかけた総額費用の全国平均は、前年度比70万円減の292万3000円でした。

同社が全国調査を始めた2005年度以来最低の金額で、コロナ感染拡大防止のために招待客を絞り込んだ小規模な挙式にしたことが予測できます。

 

件数と挙式費用の減少で、国内のブライダル産業は危機的な状況に見舞われ、東京商工リサーチによると、2020年度の結婚式場の倒産件数は負債額1000万円以上に限っても前年度比28.5%増と、2年連続で前年度を上回りました。このうち新型コロナ関連の倒産は全体の8割近くで、少子化や非婚化で婚姻件数が減っていたところにコロナ禍による挙式の延期や中止が相次いだのが響いたようです。

 

今後はコロナ禍で挙式を見送った兄弟姉妹や職場の先輩、友人たちから「そのお金を結婚後の生活に使った方が有用」とのアドバイスを受けての、ナシ婚や結婚式の簡素化が進むと予測されています。

結婚式をしない人たちが代わりにしていること

少人数婚

6d9367ed4ca049f3c88dc8ab7a4e66f6_t

■新郎新婦だけのプライベートスタイル「リゾ婚」

新婚旅行と合わせて挙げる二人きりの結婚式なので、ゲストへのおもてなしを気にすることなく好きなように時間を使えるというメリットがあります。

 

■家族だけのファミリースタイル「家族婚」

お互いの両親や兄弟姉妹、祖父母など、家族だけで行うため、気の知れた身内だけのアットホームな雰囲気で結婚式を挙げられます。家族だけなら食事会を兼ねてお祝いするのもいいですね。

食事会

■家族と親しい友人を呼ぶカジュアルスタイル「食事会」

会社関係のゲストを招待したくない、派手な式は苦手というカップルにおすすめのスタイルで、家族と親しい友人だけの少人数挙式ならゲスト1人1人と会話を楽しめます。

 

■親しい友人だけのパーティースタイル「会費制食事会」

結婚式というよりも仲の良い友人が集まった少しオシャレな食事会で、会費制や立食形式で気を遣わずににぎやかに楽しみたいという若者に人気が高いスタイルです。

別のことにお金をかける

「挙式よりも新婚旅行にお金をかけたい」と考えるカップルは少なくありません。「結婚式は自由に動き回れないし、食事もほとんど手をつけられない」というイメージを持つ方は多いでしょう。

「本人たちが楽しめなければ意味がない」と考える若者にとっては、結婚式よりも2人だけの自由時間を堪能できる新婚旅行に重点をおきたくなるのかもしれません。

 

また、ウェディングドレスを着たい、夫婦になった記念を残したい、とフォトウェディングや結婚指輪の購入を選ぶ若者も増えています。これなら思い出を残しつつ費用も抑えられるので手軽にできますよね。

「結婚式不要論」について考えてみては

地味婚2

時代が変わっても「結婚したら結婚式は挙げるもの」という考え方はいまだに残っています。しかし、結婚の選択が自由になった今は、結婚式の有無も自由に選んでよいのではないでしょうか。

 

結婚に対する考え方や価値観が多様化し、従来の結婚式とは別の方法で結婚を祝う若者が増えてきました。本人同士が納得しているのであれば、ナシ婚を選ぶのもアリですよね。