内祝い・ギフト

結婚祝いのお返しで「商品券とお菓子」を贈る場合のマナー&選び方

結婚祝いのお返しで商品券とお菓子を贈ろうと考えている人もいるでしょう。AmazonギフトカードやJCBギフトカードなどをもらえれば好きな品物を買えて嬉しいものです。しかし、「内祝いに商品券は失礼」という話も聞こえてきます。

 

そこで今回は、結婚祝いのお返しで商品券とお菓子は適切かどうか、マナーや選び方についてご紹介いたします。家族や親戚、上司や友人、目上の人からの結婚祝いのお返しを検討している人はぜひご参考ください。

結婚祝いのお返しで商品券とお菓子はマナーとしてOK?

結婚祝い お返し 商品券とお菓子2

年齢を重ねた人からは、「結婚祝いのお返しでお菓子はともかく、商品券は失礼に当たる」とのアドバイスが多いでしょう。しかし、商品券のどのような点が内祝いとして適切でないのか、わからない人もいるはずです。実際のところはどうなっているのでしょうか?

基本的には問題なし

結婚祝いのお返しで商品券とお菓子を選ぶのはマナー違反ではありません。とくに、若い世代の人同士であれば、AmazonギフトカードやJCBギフトカードをもらえれば嬉しいという声も多いです。実際の口コミをまとめてみたのでチェックしてみてください。

 

「結婚祝いのお返しが半額の商品券だった。これ、ほんま助かるわ。」

引用URL:https://twitter.com/tejima0303/status/246955002839584768

 

「友達の結婚祝いのお返しで商品券もらてしもた〜 お返しなんかいいのに〜 しかし嬉しい〜 何に使おうかしら〜🥺❣️」

 

引用URL:https://twitter.com/_okomeru/status/1428695548555497472

 

「いとこから結婚祝いのお返しでイオンの商品券1万円分貰ったので再来週にでもイオンモールへ行こうかと思う」

引用URL:https://twitter.com/kalnotoraneko/status/1275832838965739521

商品券を贈るデメリット

結婚祝いのお返しに商品券をもらった場合は、嬉しいと感じる人がいる反面、マイナスの印象を受ける人も一定数いることに配慮しておく必要があります。それは、「お金のお祝いにお金で返すことが日本の文化では失礼」と捉えられがちだからです。

 

昔の価値観かもしれませんが、「生活に困っているなかでお祝いをいただき申し訳ない」といったようなイメージを持たれてしまう恐れがあるのです。また、商品券という性質上、額面がわかってしまうことにもネガティブなイメージを持つ人もいます。

 

とはいえ、その一方で、家族や親戚など親しい間柄では「物入りだから商品券でお返ししてくれるとありがたい」と両親伝いでお願いがある場合も。このように、商品券とお菓子を内祝いに選ぶと賛否両論のデメリットがあるということです。

 

基本的にはマナーとして問題ないですが、商品券にマイナスの印象を受ける人もいることから、目上の人や上司、あまり親しくない人には避けたほうがおすすめといえるでしょう。

 

「結婚祝いでもらったお返し、両親が商品券にしろと頑ななんだけど、金額が見える事に物凄く抵抗感が・・。なんか半分突っ返した感じで。。。内祝いに商品券って、どうなんだろ??」

引用URL:https://twitter.com/Midori_AM_/status/378331194145771520

 

「結婚祝いのお返し何にしようか😥

商品券じゃ味気ないよな;-)」

 

引用URL:https://twitter.com/tsumaranai_man/status/529105645027328000

【結婚祝いのお返し】商品券とお菓子の選び方

結婚祝い お返し 商品券とお菓子3

ここからは、結婚祝いのお返しで商品券とお菓子の選び方を解説していきます。金額や購入場所など気になる人は参考にしてみてください。

商品券の選び方

結婚祝いのお返しに商品券を選ぶ場合はどこで買うかというと、取り扱いのある店舗のサービスカウンターやギフトカウンターなどです。もしくは、公式サイトでオンライン購入することもできます。代表的で、使いやすい商品券は以下になります。

 

・JCBギフトカード

・Amazonギフトカード

・JTBナイスギフト

 

お相手の住む地域によっては、使用できる店舗が限られている場合もあります。使用する店舗が限られているような商品券は、もらっても使うところがない結果となってしまう恐れがあるので選ばないようにしておきましょう。

 

また、内祝いに商品券を選ぶ際の金額は、3,000円、5,000円、1万円など奇数にしておくのがポイントです。

お菓子の選び方

結婚祝いのお返しに選ぶ場合、商品券よりお菓子の金額を低く設定するようにします。例えば、内祝いの金額が5,000円であれば商品券を3,000円分、お菓子を2,000円分ぐらいにするのが目安です。

 

お菓子を購入する場所は、有名ブランドショップや箱型のギフトセットを売っているようなお店が便利!内祝いを贈るお相手が気心知れた友人であるなら、好みのお菓子をリサーチしてセレクトするのも喜ばれるでしょう。

結婚祝いのお返しで商品券とお菓子を贈る際の注意点

結婚祝い お返し 商品券とお菓子4

結婚祝いのお返しで商品券とお菓子を贈る際は注意点があります。後になって「知らなかった」「マナーのない人に思われてしまったかも?」と焦らないように、事前にチェックしておきましょう。

のしは商品券に掛ける

結婚祝いのお返しで商品券とお菓子を贈る際の注意点は、「商品券にのし掛けする」ということです。お返しの品物を複数にする場合、のし掛けするのは金額の高いほうに掛けるのが一般的。

 

ほとんどのケースで、商品券にのし掛けすることになるはずです。両方の品物にのしを掛けることはないので注意しておきましょう。のし掛けは、その旨を購入店舗で伝えれば包装してもらえます。

のしの種類は結び切り

結婚祝いのお返しで商品券とお菓子を贈る際の注意点は、商品券に掛けるのしの種類は結び切りになるということです。内祝いののしは、繰り返して良い場合は蝶結び、繰り返してはいけない場合は結び切りになります。

 

Amazonギフトカードなど若い世代向けの商品券になると、のしの種類は自分で探して決定しないといけないパターンもあります。出産内祝いで商品券とお菓子にする場合のしは蝶結びになるので、結婚内祝いと間違えないように選択するようにしましょう。

配送ならメッセージカードを

商品券が結婚祝いのお返しだと、「味気ない」「品物を選ぶのが面倒だったの?」というようにマナー不足な印象を持ってしまう人も一定数おられます。お菓子と一緒に手渡しなら、好きなものに使って欲しい気持ちを伝えられますが、配送だと難しいものです。

 

そのため、手渡しではなく結婚祝いのお返しで商品券とお菓子を一緒に送るなら、メッセージカードに感謝の気持ちを添えて贈ったほうがよいことが注意点。気持ちが伝われば、商品券とお菓子を心から喜んでもらえるでしょう。

結婚祝いのお返しで商品券とお菓子を贈るなら

結婚祝い お返し 商品券とお菓子5

結婚祝いのお返しで商品券とお菓子を贈るのは、決して失礼な選択ではありません。AmazonギフトカードやJCBギフトカードなどは使い道が多いのでとても便利!金額は、お菓子より商品券を高く設定するようにしましょう。

 

ただし、内祝いの相手が目上の人や上司の場合はマナーがないと思われてしまうこともあるので避けたほうが無難。商品券とお菓子を贈るなら、仲良しの友人や気心知れた家族や親戚などにしておくのがおすすめです。