少人数食事会

少人数結婚式は盛り上がらない!?おすすめの演出や注意点など

結婚式といえば、会社の人や友人をたくさん呼んで行うイメージがありますよね。

そんな結婚式にしか出席したことがない場合、親族だけの少人数結婚式のイメージが全く沸かない人も少なくないですよね。

中には、人数が少ないと盛り上がらないのではないか?と心配になってしまう人もいると思います。

確かに演出のない結婚式だと、メリハリに欠け、食事と歓談だけで終わってしまいますが、結婚式ならではの演出を入れると、思い出に残るウェディングイベントになるでしょう。

今回は盛り上がりが心配なカップルに向けて、色々とまとめてみました。

是非、参考にしてみてください!

少人数結婚式は盛り上がらない?気まずい?

nayamujyosei

近年、少人数で行う結婚式が人気を呼んでます。

その理由は、「家族を大切にしたい」「準備が楽になる」「費用を安く済ませたい」「派手なことが苦手」「緊張しやすい」などさまざまです。

新型コロナウイルスが広まってからは、感染拡大を予防するため、という人も増えました。

少人数結婚式は新郎新婦も招待客もみんなが自然体で楽しめる結婚式です。

食事中お通夜みたいに静かだったら、拍手がまばらだったら、誰も写真撮ってくれなかったら、などと悪い想像ばかりがふくらんでしまうかもしれませんが大丈夫です。

逆に身内ばかりだからこそ気兼ねなく盛り上がれ、温かくて和やかな時間が流れます。

少人数結婚式の魅力

身内ばかりだからこそ気兼ねなく盛り上がれる少人数結婚式には、沢山ゲストを呼ぶ結婚式にはない魅力があります。

親族が集まる良い機会になる

親族すべてが揃う機会は段々と減っていると、結婚式は集まるきっかけになるでしょう。

しばらく会っていないからこそ、会えば昔話で盛り上がったり、得意な歌や踊りを披露したりと楽しく過ごすことができます。

顔を合わせるのがお葬式ばっかりじゃ寂しいですもんね。

両家の身内紹介が出来る

family photo

食事中にお互いの親族を紹介しあえるのも、ごく身内だけの結婚式ならではないでしょうか。

披露宴だと親族同士がお酌に行くことは少ないですが、少人数だと会場もコンパクトになるので移動もしやすく、来賓の目もないから歓談食事中にお酌しに行きやすいです。

挨拶や余興を親族にお願いできる

少人数の結婚式なら親族に余興や挨拶もお願いすることもできます。

一般的な結婚式の挨拶は主賓と言われる会社の社長や恩師が行い、余興は会社関係や友人が行うから親族の出番はほとんどありませんよね。

でも来賓がいなければ気兼ねすることなく、芸達者なおばさんや一言お祝いを言いたいおじさんにお願いすることできます。

自分達のために普通の披露宴ではできないお祝いを伝えられたら、すごくいい思い出になりますよ。

1人ひとりとゆっくりと話が出来る

食事会は新郎新婦からゲストの元に行き、1人1人とゆっくりおしゃべりすることができます。

2人が近づくと「待ってました!」とばかりに昔話が始まったり、お説教じみたことを言って、周りに座っている人が止めに入ったりして、どんどん話の輪が広がっていくことでしょう。

そうすると勝手に盛り上がっちゃうだけなので、何も心配はいりませんよね。

少人数結婚式を盛り上げるおすすめの演出

ウェディングケーキ

ウェディングケーキのデコレーション

wedding cake

真っ白なデコレーションのないケーキとフルーツ、チョコペンを用意しておきます。

それらを使ってパーティーが始まるまでの間、ゲストにデコレーションをお願いしましょう。

フルーツを載せるだけなら幼いお子さんやお年寄りの方でも参加しやすく、出来上がりは誰にも予想できないため、デザインが整っていないところもいい思い出になりますよ。

ファーストバイト

両家両親と一緒にウェディングケーキに入刀してはいかがでしょう。

ご両親が結婚した頃はまだケーキ入刀が一般的じゃなかった場合もあるので、初めての経験をプレゼントするのです。

兄弟の中に結婚式を挙げていない夫婦がいる場合、サプライズで一緒に入刀または別のケーキを用意して入刀してもらうのもいいかもしれません。

ケーキカット後に新郎新婦がお互いにケーキを食べさせ合うファーストバイトは結婚式の定番演出ですが、それをアレンジしてみましょう。

ラストバイト・サンクスバイト

母親が新郎新婦にケーキを食べさせてあげる「ラストバイト」、新郎新婦が両親などお世話になった人へケーキを食べさせてあげる「サンクスバイト」などをサプライズ演出する花嫁さんもいます。

入刀後に切り分けたケーキを、新郎新婦がゲスト1人1人に配ってまわりましょう。

必ず1人1人と顔を合わせられますし、話ができるきっかけにもなります。

紹介&メッセージタイム

新郎新婦についての他己紹介

親族や親しい人だからこそ聞きたいのは結婚した相手について。

そこで披露パーティーの食事中に、新郎新婦それぞれの紹介をゲストからしてもらうのです。

赤ちゃんの頃、幼少期、学生時代などのエピソードをいろんな人から紹介してもらいましょう。

親族紹介

人数が少なければ少ないほど、どんな人が参列しているのかが気になります。

お祝いのメッセージだけではなく、1人ずつ自己紹介にお祝いコメントを添えてらえば流れで言いやすくなり、どういうつながりの人なのかが記憶に残ります。

キャンドルリレー

candle

新郎新婦入場、中座後の再入場、食事の間などにタイミングを見計らって始めます。

リレーの最後はメインキャンドルに点火したり、そのままみんなの幸せを願いながら吹き消すのも素敵だと思います。

ゲスト参加型なのでキャンドルサービスのように「新郎新婦がほかのテーブルを回っている間、暇になる、寂しくなる」という心配もありません。

思い出のムービー上映

招待したゲストの写真をたくさん使ったムービーの上映。

若い頃のおじさんやおばさん、今は亡きおじいちゃんやおばあちゃんと写った写真をたくさん使ったムービーを食事中に上映すれば、それをきっかけに思い出が蘇って話に花が咲くと思います。

アイテムにひと工夫

席札に御礼のメッセージを書く

席札の裏などにお礼のメッセージを書きましょう。

披露宴でよく見かけますが、人数が多いと最終的には書くことがなくなっておざなりになりがちのメッセージでも、少人数なら1人1人に心を込めて書けると思います。

席次表にひとことを添える

席次表には話のきっかけになるように肩書に「釣りのことならおまかせ、新郎叔父○○○○様」といった感じに書いておくと、パーティーが始まるまでの間にゆっくりと読んでもらえます。

写ルンですを各テーブルに設置

最近またブームになっている「写ルンです」を各テーブルに置いて、自由に撮ってもらいましょう。

これなら年配のゲストでも簡単に撮れますし、デジカメやスマホなどとは違ってどんな写真が撮れているかわからないのも新鮮です。

リングリレー

ring

ゲストに長いリボンを持ってもらい、そのリボンに結婚指輪を通して新郎新婦の元まで運んでもらう「リングリレー」という演出に挑戦してみませんか?

リングリレーには「ゲストが新郎新婦の結婚の承認になる」という意味があるので、親族のみの結婚式の演出としてはピッタリではないでしょうか。

リングリレーはゲストの人数が多い結婚式では時間がかかってしまうため不向きですが、親族のみの結婚式であれば心配はないでしょう。

少人数結婚式で後悔するケースとは?

ケース1

フラワーシャワーをはじめ、バブルシャワー(シャボン玉)やバルーンリリースなどの華やかなセレモニーの時に、若いゲストがおらず親族だけだと黄色い声もないまま淡々と進むのでちょっと寂しく感じたそうです。

ケース2

ケーキカットとか乾杯のシャッターチャンスで誰も写真を撮らない時、カメラを持ってきている人が少ないと、ケーキナイフを持ったまま待機してる時に間が持たず、戸惑ってしまうことも。

ケース3

お互いの家族だけだとみんなの会話がフッと途絶えてしまう瞬間があるそうです。

「誰かしゃべってくれないかな」「何を話そうかな?」という気まずい空気の流れがあって、別にそれは気にしなくていいのでしょうが、何度もあるとその度にヒヤッとしたのだとか。

少人数結婚式を成功させるためのポイント&注意点

check list

先述したケースで言うと、こんな対応をすることで解消されるでしょう。

  • フラワーシャワーなどのセレモニーは、人数が少なすぎて心配ならスタッフの参加を依頼する。
  • シャッターチャンスになったら「みなさんカメラを!」と促してもらいましょう。
  • 食事会での沈黙が不安な場合は、食事を仕切るスタッフに「会話が途切れたら料理の説明やドリンクのおかわりを聞いて回ってください」とお願いをしておきましょう。

 

これらの他にも、少人数結婚式ならではの後悔はあり、すべてを解消することは不可能でしょう。

しかし、いろいろなケースを想定して考えたり、前もって相談すればアドバイスや対応はしてもらえる可能がありますし、当日までの心配を減らすことはできます。

少人数ならではの結婚式をしてみては

たいていの親族の中にはお話好きの人が一人や二人は必ずいるもので、その人を中心に他愛もない話で盛り上がりますから、親族だけや人数が少ないから淋しい結婚式になるということはありません。

親族だけの結婚式の特徴のひとつが無理に盛り上げなくてもいいということ。

みんなが久しぶりに集まってご飯を食べて楽しく会話するだけで立派なおもてなしです。

披露宴には披露宴の良さがあるけど、少人数の食事会には食事会の良さがあってそれがなんとも微笑ましくてあたたかいのです。

「盛り上がらなくてはいけない」とか「どうしたら淋しくならないようになるのか」ということはあまり気にせず、事前にゲスト1人1人のことを考えて準備すればみんなで楽しむことができます。

大切な人との時間を慈しむ親族のみの結婚式をぜひあげてみませんか?