よみもの

結婚式をしない理由 ナシ婚を選んだ人たちの意見

結婚式をしない=ナシ婚と呼ぶことをご存じでしょうか。

 

これまで当たり前と思われてきた結婚式を、やらなくてもいいのではないか?と考えるカップルが増え、最近ではポジティブな気持ちでナシ婚を選択しているカップルも珍しくありません。

 

「結婚したら結婚式をしなくてはいけないのでは」と従来の枠にとらわれずに、自分たちがやりたいと思うことを優先して実現できるといいですよね。

 

ナシ婚を選択した人たちの意見について詳しくご説明します。

結婚式をしないカップルは多い?

結婚式 しない 割合2

ブライダル総研の結婚総合意識調査2019では、ナシ婚を選択したカップルは約50%いることが判明し、従来のような結婚式をしないカップルは年々増えてきています。

 

コロナの影響により結婚式を延期したり、初めから結婚式を断念し、他の事を楽しもうとしたりするカップルも増えてきました。

 

時代的に結婚式をしないことに対する意見も柔軟になってきているので、より自然にナシ婚にするカップルも増えてきています。結婚式の代わりになり得るイベントもたくさん出てきていることから、ナシ婚だからこそできるイベントを駆使して、二人の思い出を作ろうとしているカップルが多いようです。

結婚式をしない理由

結婚式をしない理由として挙げられるのは、金銭面の理由や恥ずかしい・目立ちたくないという心情面での理由が多いようです。

ナシ婚を選択したカップルたちの理由について詳しく紹介していきます。

お金がかかる

ece38058422269db0810bc39099bb412_t

結婚式にはかなりのお金がかかります。家族や友人の呼ぶ人数を増やしたり、結婚式の中でやりたい事を増やしたりすればするほど費用が上がります。

 

今話題の少人数での家族婚というプランも10万からと宣伝されていますが、披露宴を追加するとそこからさらに60~100万かかってしまうのが現状です。

 

結婚式でやりたい事を実現できるならお金がかかってもいいというカップルは多いですが、金銭面を理由にナシ婚にするカップルも現状少なくありません。

目立ちたくない

結婚式に参列する家族や友人の前で誓いのキスをする・人前で両親への手紙を読むというイベントが「恥ずかしいし緊張して嫌だ」というカップルもいます。

 

これらの場面は結婚式には外せないイベントなので、人に見られたくない・恥ずかしくてやりたくないと感じるカップルはナシ婚を選択し、二人きりで挙式をしたりフォトウェディングをしたりすることが多いようです。

呼べる人が少ない

友人が少ない・職場の人を呼びにくいというカップルは、二人きりでお祝いまたは家族だけ呼んで結婚式をすることもあります。

 

ですが、大きな会場を借りて少ない友人を呼んでも…と悩んだり、家族との兼ね合いでナシ婚にしたりするカップルも少なくありません。

そもそも結婚式をする理由とは?

ナシ婚 割合3

結婚式は永遠の愛を誓う儀式として知られています。神様や参列者の前で愛を誓い合い、二人が夫婦になることを決意するために行うものとされています。

 

また、今まで育ててくれた両親に花婿・花嫁姿を見せて喜んでもらう親孝行のためにと言われたりもしています。

 

つまり結婚式は二人が愛を誓いあい、その姿を今までお世話になった両親に見せて一緒に喜び合う機会ということになります。結婚式をしてもしなくても、二人が愛を誓いあい、お世話になった両親へ花婿・花嫁姿を見せることが一番重要なことなのです。

 

▼「結婚式はなぜやるの?意味や昨今の変化」については下記よりご覧ください

結婚式はなぜやるの・・・?意味や昨今の変化についても

結婚式をしない代わりにすること

ナシ婚を選択したカップルは代わりに何をするのか気になりますよね。

ここでは定番のイベントをご紹介します。是非、二人だけの特別な思い出になるようにアイデアを取り入れてみてください。

結婚指輪を購入する

結婚式 オワコン5

結婚指輪は二人の愛を誓いあう絆です。もしまだ結婚指輪も購入していない場合は、ナシ婚にする代わりに購入してみませんか?

現在、指輪の相場は15~20万ほどで購入できます。

そこに二人の希望をプラスして、自分たちだけの指輪を選び抜いてみてはいかがでしょうか。

結婚指輪も少し安価なものにしたいという場合は、「指輪を二人で作りに行く」等の体験型もおすすめです。

指輪を手作りできるキットや体験できるお店も増えてきています。お互いの指輪を作るという思い出を結婚の誓いにするのも素敵なイベントですよね。

フォトウェディング

6602851cb2a2a318abc4980093da3ed8_t

フォトウェディングは、スタジオや好きなロケーションでウェディングドレスやスーツ・和装を着て写真撮影をします。

撮影した写真を台紙に合わせて家族や親戚に送ったり、LINEや年賀状で結婚の報告をしたりすることができます。

費用を抑えたいカップルの場合、撮影時の場所や着る服装にこだわらない、写真も1枚だけでいいなら、撮影費用が1万円以内で撮影できる店舗もあります。

フォトウェディングはカメラマンと衣装のアテンドがついて撮影するので、気兼ねなく撮影することができます。

人前が恥ずかしいというカップルもフォトウェディングなら二人らしさを生かして素敵な時間を楽しめます。

食事会

結婚式しない お祝いもらえない2

食事会は家族だけで行ったり、友人を呼んでカジュアルなパーティにしたりするカップルもいます。

食事会の場所はどこでもいいので費用も抑えやすいのが特徴です。

好きなホテル、お店、自宅でもいいです。二人がやりたいと思う場所を貸し切って、家族や友人と一緒に食事を楽しみながら過ごすことができます。

食事会は結婚式より自由度が高いのでいろんなことを企画してやりたい!というカップルや家族だけで食事を楽しみながら結婚のお祝いをしたいという方にもおすすめです。

食事会は披露宴より費用を押さえられますので、好きな料理を堪能しながら素敵な時間を過ごすことができますよ。

ここからはナシ婚を選ぶカップルが変わりにしていることを詳しくご紹介していきます。

 

▼「結婚式をしない代わりに出来ること」については下記をご覧ください

結婚式をしない代わりに出来ること 定番からおすすめの提案も

新婚旅行

コロナが落ち着いてきたのもあり、海外や国内旅行に少しずつ行きやすくなってきました。

旅行が好きなカップルは新婚旅行を思い切り堪能するのもいいかもしれませんね。

二人でどこに行きたいか、アイデアを出し合いながら素敵な新婚旅行を計画してみましょう。

子供がいるので特に何もしない

もう子供が生まれているので何もしない、というカップルもいます。

子供が生まれると優先順位の1位が子供になりますので、育児や家事に追われている中、旅行やフォトウェディングも時間がないかもしれません。

ですが、せっかくの機会なので子供も一緒に旅行やフォトウェディングを楽しめるような企画を考えてみませんか?

もし子供が小さくて旅行が難しいのであれば、自宅から近いスタジオで一緒に写真を撮るのもおすすめです。

また、いつも子供と遊びに行く公園でカメラマンに写真を撮ってもらうのも素敵ですよね。

フォトウェディングだけにこだわらず、大切な日常を思い出に残せるという点で写真撮影はかなりいいと思います。

結婚式をするかしないか迷っているカップルへ

23733388_s

年々ナシ婚を選択するカップルが増えてきたことで、結婚式をやるのかやらないのかという選択肢がとても自由になってきています。二人がやりたい事をぎゅっと詰め込んで結婚式をするのもよし、ナシ婚にして他のやりたいことに全力を注いでもよし、そんな風に柔軟に対応できるようになってきました。

 

家族や友人のためにも、「結婚式をしなくてはいけないのでは」と思うかもしれません。

けどきちんと説明すれば理解してもらえますし、別の形で一緒に祝えるように機会を作ってもいいかもしれません。

あまり無理せずに結婚のお祝いができるように工夫出来ることはして、家族とも相談し合って決められるといいですね。