よみもの

結婚式をしないと周りからお祝いはもらえない? 貰った場合のお返しについても

結婚式をしないと周りからお祝いをもらえないのでしょうか?ナシ婚を考えている場合、家族はともかくとして「友人に結婚祝いをあげたのにくれない」「プレゼントすらもらえない」といった事態になってしまうことはなんとなく想像がつくものです。

 

周囲から結婚祝いをもらえないかもしれないナシ婚は結果的に損をするのでしょうか?また、もしお祝いを貰った場合はどのようにしてお返しすればよいのでしょうか?「結婚式をしない場合のお祝いはどうなるの?」と心配な人はぜひチェックしてみてください。

結婚式をしないと周りからお祝いはもらえない・・・?

結婚式しない お祝いもらえない2

決してそんなことはないと思います。あなたがこれまでに周囲の知人や友人の挙式披露宴に出席してご祝儀を渡していたなら、なおさら「結婚祝いをあげたのにくれない」といった結末は少ないでしょう。

 

しかし、まだ未婚で冠婚葬祭のルールに疎かったり、マナーがなかったりする人であれば、「結婚式をしないからお祝いはもらえない」事態に陥ってしまうことは考えられます。それは、結婚式の受付で半ば強制的にでもご祝儀を渡すという場がないからです。

 

最終的に、結婚式をしないナシ婚を選択すると、ご祝儀を集める窓口がなくなってしまいます。そのため、今まで友人と思っていた人物がご祝儀やプレゼントをくれる人・くれない人にバッサリ分かれてしまうのはある意味仕方がないといえそうです。

ナシ婚でもお祝いをもらうには・・・?

結婚式しない お祝いもらえない3

結婚式をしないからといってお祝いをもらえないなんてありえない。そもそも、こちらは友人の結婚式で相場の金額をきちんと包んでいる。それなのに、自分だけプレゼントすらもらえないなんてあまりにもマナーがない!そんなふうに、憤慨する人もいるでしょう。

 

ナシ婚でもお祝いをもらうためには、とりあえず結婚報告のハガキを出してみることがおすすめです。ふたりの幸せそうな写真入りで送ってみては?日頃から顔を合わせることが多い相手なら、直接会って入籍したことを伝えたいものですね。

 

新しい生活をスタートしたあなたに対して祝福の気持ちがある友人なら、ご祝儀やプレゼントをきっと個別に渡してくれるはず。また、結婚報告を兼ねてお互いの家族同士、親しい友人同士で食事会をするのもおすすめです。

 

ナシ婚カップルは、高級レストランや料亭などで親しい人だけを招待した食事会を開催し、そこで入籍をお祝いするケースも多いです。そうすれば、家族からだけは一般的な相場の金額を結婚のお祝いとして包んでもらえるでしょう。

ナシ婚でお祝いを貰った際のお返しについて

結婚式しない お祝いもらえない4

結婚式をしないとお祝いをもらえない?自分だけ、プレゼントすらもらえないかも?決してそんなことはありません。しかし、結婚式をするカップルより、ご祝儀として包んでもらえる金額の相場は下がってしまうことは考えられます。

 

それは、結婚祝いには挙式披露宴にかかった費用を助ける意味合いもあるからです。そのため、ナシ婚だともらった金額が意外に少ないと感じることも。ここからは、「ナシ婚でお祝いを貰った際のお返し」はどうすればよいかについて詳しく解説していきます。

金額

結婚式をする場合、ご祝儀の金額相場は友人で3万円、家族や親族なら3~10万円ぐらい、もしくはそれ以上といわれています。対して、ナシ婚のご祝儀の相場は友人からで1万円ほど。家族なら、結婚式をしない場合でも、結婚式をする場合に包む金額と同等です。

 

そして、結婚祝いのお返しは結婚式の有無に関わらず、基本的に半返しとなります。これを結婚内祝い(うちいわい)といいます。友人から1万円のご祝儀を包んでもらったなら、半額の5千円以下を目安にお返しの品物を選んでいきましょう。

 

家族からのご祝儀は高額(3万円以上)であることが多いです。マナー通りで半返しにすると、家族がそれだけの金額を包んでくれた意味が薄くなってしまいます。もらった金額の1/3ぐらいを目安にお返しの品物を選んでいくとよいでしょう。

品物

結婚式をしない場合、友人からはご祝儀ではなく、何かしらの品物をいただくことも多いです。品物でもらった場合の値段はわかりにくいものですが、半額から1/3程度を予想してお返しの品物を選んでいきましょう。

 

少額の内祝いではコーヒーや紅茶、スイーツ、タオルなどが選びやすくて人気です。また、品物を結婚祝いとして贈ってくれる方には内祝いを辞退されるケースもあります。こんなときは、贈り主にお礼の言葉だけでも直接伝えておくとよいでしょう。

結婚式をしないと損をする・・・?

結婚式しない お祝いもらえない5

結婚式をしないとお祝いをもらえない?自分の家族やこれから仲良くしていくお相手の家族であれば、そんな悲しい目に遭うことはないでしょう。しかし、友人である場合は「結婚祝いをあげたのにくれない」という信じられない事態になることも予想されます。

 

結婚に関するマナーの捉え方は、そのご家庭によってさまざま。結婚式をするのは入籍してからという人もいれば、結婚式の後に入籍するのが普通という人もいます。結納はするべきという人もいれば、しなくていいと考える人もいるのです。

 

そのため、「結婚式をしないならお祝いはもらえないのも当然」と解釈する人も。結婚式に関するマナーはきちんと定められているようで、意外と個人の考え方に任されてしまう面もあるということです

 

友人の結婚式に出席したときはご祝儀を包んだのに、プレゼントすらもらえなかった。そんな場合は、結果として金額的には損をすることになってしまうでしょう。とはいえ、お祝いを取り返したいからといって、無理に挙式や披露宴をするのは考えものです。

結婚式しない場合のお祝いについて

結婚式しない お祝いもらえない6

結婚式をしない場合、家族はともかく、友人からのお祝いはもらえないこともあります。自分だけご祝儀をもらえないなんて、とモヤモヤするかもしれません。そんなときは、「友人に包んだご祝儀は、自分のために支払った」と思うことがおすすめ!

 

結婚後の生活では、お祝いがもらえない以外でも、自分だけが損をすると感じることが度々でてくるでしょう。そんなときこそ、「すべては自分のため」と考えれば乗り越えていけるはず。もしお祝いをもらえたなら、その友人にたくさんの感謝をしていきましょうね。