少人数食事会

結婚式をしない場合の食事会の基本について 会場選びや準備・内容について解説!

今まで、「結婚が決まったら結婚式を挙げる」ということが一般的だと言われてきました。

しかし、最近では「ナシ婚」という結婚式を挙げない新しいカタチが主流となってきています。

ところが、結婚式を挙げないとなると「両親に感謝の気持ちの伝える場がない」「結婚という晴れ舞台の実感がない」などと、悩んでいるカップルも多いのではないでしょうか。

そんなお悩みを抱えているカップルさにオススメなのが身内や親しい友人のみを招待する「食事会」なのです。

そこで、今回は「食事会での基本的な内容」と「食事会での注意点」について解説していきます。

結婚式をしない場合は食事会がおすすめ!

0b0301a533c067e3a4e16dca273488f1_t

最近では「ナシ婚」が流行っていることから、食事会を検討するカップルさんが多くなっています。

また、結婚式では「金額が高くてできない」「準備が大変」などが原因で挙げられない人もいますが、食事会を開くことで費用を抑えることができるほか、その浮いた費用を新居やハネムーン等他のことに使うことも出来ます。

このような経済的な面でも、食事会を開くことは人気の結婚イベントとなってきています。

さらに、食事会を挟むことで「結婚したという実感」も深まるといったメリットもあります。

結婚式をしない場合の食事会の基本

いざ、食事会を開くとなっても「いい会場の選び方とかあるの?」と疑問に思っているカップルも多いのではないでしょうか。

そこで、ここからは「結婚式をしない場合の食事会の基本」について解説していきます。

会場選び

食事会には、遠方から両親やゲストが来ることもあるかと思います。

そのため、なるべくアクセスの良い会場を選ぶことが大切です。

また、会場の広さも人数に合わせた大きさにすることで、会話も弾みやすくなります。

なかには大人数向けの会場を、あえて少人数でも使えるようにしている会場もあるため「会場が大きすぎる」と感じることも。

そんなときには、パーテーションを利用するなどスタッフとの相談をすることがオススメです。

また、ホテルや料亭で食事会を開く場合には、個室とコース料理があるところを選ぶことによって、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

予算

ece38058422269db0810bc39099bb412_t

料理の平均的な予算としては、1人5,000円前後で実施するカップルが多いようです。

また、その他にも個室の使用量やドリンク代、サービス料なども合わせると、1万円前後が平均です。

仮に、食事のグレードをあげたとしてもトータルで15,000円から2万円前後が平均的です。

演出や衣装にこだわる場合は追加で料金が発生しますが、あくまで食事会のみで済ませる場合はかなり費用を抑えることができるでしょう。

さらに、会場の中には「フォトウェディング+食事会」などのセットプランも存在するため、「食事会だけじゃ寂しい」という方は、セットプランを考えるいい機会となります。

服装

食事会の服装として多いのはスーツやワンピースなどセミフォーマルです。

しかし、会場の雰囲気によって「タキシードとウェディングドレス」「和装」などのスタイルを選ぶ方もいます。

また、食事会に誘うゲストの服装としては、新郎新婦に合わせる必要があるので、参加者に伝えておくことが欠かせません。

しかし「どんな服装にするか迷う」というカップルは、会場を選んでから服装を決めていくことで、スムーズに準備を行うことができます。

さらに、食事会で「ヘアスタイルなどを途中で変えたい」「写真を撮るときに着替えたい」という方は、着替えの時間も考慮して服装を選んでいくことが重要です。

流れ・内容

食事会で行われる一般的な流れは、以下のとおりです。

 

①待ち合わせ

②始まりのあいさつ

③両親の紹介

④乾杯の挨拶

⑤食事

⑥結婚記念品の交換

⑦家族写真を撮る

 

食事会は、平均で2時間ほどといわれていますが、演出やスピーチを行う場合はその時間も加味して考えておくのがよいでしょう。

⑥の記念品の交換などは、「新郎から新婦に婚約指輪」「新婦から新郎へ腕時計」などのお返しの品を贈ることが多いようです。

食事会での演出は必要・・・?

c9295f33713e0619183805f60b9bf3e4_t

食事会とはいえ、結婚をした際のイベントには変わりません。

そのため、普通の食事をするのではなく「思い出に残る特別な食事会」に出来ると良いですよね。

そんな思い出深い食事会にするためには、新郎新婦や両親からの挨拶などとは別に、「記憶に残る演出」を入れてみてはいかがでしょうか。

 

一般的に多い演出として、以下のようなことが挙げられます。

 

  • ウェルカムスピーチ
  • ウェディングケーキカット
  • 結婚指輪の披露
  • 両親への花束贈呈
  • 記念撮影 など

 

特に「ウェルカムスピーチ」は、どのカップルも行っている場合が多く喜ばれる演出です。

今まで育ててきてくれたことへの感謝や、普段では恥ずかしくていえなかったことなどを入れると、さらに結婚イベントが盛り上がることでしょう。

また、結婚式を挙げなくても「ウェディングケーキカット」の演出を入れるだけで「結婚したんだな」という実感を感じることができ、写真を撮るタイミングも作りやすくなります。

 

このように、演出を一つでも入れることで、普通の食事会ではなく「思い出に残る食事会」にすることができるのです。

結婚式をしない場合の食事会の注意点

家族などの親しい人を呼ぶことが多い食事会のメリットとして「あまり気を遣わなくていい」というものが挙げられます。

しかし、そのメリットがあることで、ゲストへの配慮を忘れてしまうといったカップルも多くいます。

ここでは、食事会の際の注意点について紹介していきたいと思います。

プチギフトを用意する

いちばん食事会で忘れがちなのが、引き出物代わりとなるプチギフトです。

自分たちの結婚を祝って遠くから来てくれる方もいるため、そのような方たちにきちんとその場でお礼をすることが大切です。

プチギフトの中には、「フォトウェディング で撮った写真」「ご当地のお土産」などが挙げられます。

宿泊や交通費についての配慮をする

宿泊・交通費では、遠くから来てもらった両親などに対して「交通費のみ」「宿泊代金のみ」などを負担するケースが多く、「せっかく来たのだから、観光もしたい」という思いで参加する方もいるため、事前に確認しておき、宿泊してもらうホテルを手配しておくといいでしょう。

金銭的な注意点としては、交通費やホテル代が「全額負担かどうか」を事前に両家で決めておかないと、あとで「一部だけでいいから」などとトラブルにも発展しやすいため注意が必要です。

食事会後の御礼

引き出物や内祝いでは、頂いたご祝儀金額の3分の1程度の相当額の品物で返礼をするのがマナーと言われています。

また、お礼状を送るとゲストにも丁寧な印象をもってもらうことも出来るのでおすすめです。

このような「おもてなし」をするだけで、帰り際でも両親たちに素敵な時間を提供することができるのです。

結婚式をしない場合は食事会を検討してみては

少人数結婚式 費用2

今回は、「食事会での基本的な内容」と「食事会での注意点」について解説してきました。

食事会とは、食事をするだけではなく、両家との交流を深める目的と結婚という大切な晴れ舞台の思い出を残すために行うものなのです。

そのため、服装を合わせるなどのルールやお土産をあげるなどの気遣いも大切となります。

また「思い出に残る結婚イベント」として、ウェルカムスピーチやウェディングケーキカットを行うことで、本人たちだけではなくゲストたちも楽しむことができるのです。

「ナシ婚で食事会だけを開きたい」と思っているカップルの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。