少人数食事会

家族婚を盛り上げる演出アイデアおすすめ7選!ゲーム・サプライズなど

家族婚でおすすめのアイデアや演出を探してはいませんか?家族婚は少人数の結婚式となるだけに、気まずい雰囲気になったらどうしよう、盛り上がらないかもしれないと不安になっている新郎新婦も多いはず。

 

しかし、家族婚にも人気の演出があるので、少人数でも楽しい1日を過ごせます。家族婚で演出なしの場合はどうなるのか、どのように進行していったらよいのかも、詳しくまとめてみました。家族婚をする予定の人、家族婚にするか迷っている人はぜひご覧ください。

家族婚でも演出は大切

家族婚 アイデア2

少人数の家族婚だと、「アイデアや演出なんて、とくに考えなくていいかも?」「料理を食べながら、ゲームなどの演出をする時間なんてあるの?」と思ってしまうカップルもいるでしょう。

 

目立ちたくないといった性格から、「演出なんて恥ずかしい」「できればやりたくない」と食わず嫌いになってしまうカップルもいるものです。しかし、結婚式の演出はゲストへのおもてなしとなります。

 

よっぽどの事情がないかぎりは、演出を結婚式に取り入れることがおすすめといえそうです。やはり演出があると、ゲストと新郎新婦が一体となって結婚式の非日常的な空間を楽しめます。きっと、ウェディングプランナーの方も同じように勧めてくるでしょう。

 

また、演出があることでゲスト同士の緊張がほぐれたり、次の機会に会ったときにも会話を弾ませたりできるはず。次に、目立ちたくないカップルであっても楽しいと思える演出アイデアをご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

家族婚を盛り上げる演出アイデアおすすめ7選

家族婚 アイデア3

家族婚だからこそ、少人数でも映える演出アイデアがおすすめです。「気まずい時間になったらどうしよう?」「両親やゲストのいる前で恥ずかしい演出は無理」なんて不安も問題なし!

 

きっと、「ゲストと一緒に演出を楽しめてよかった」と感動する1日になるでしょう。では早速、おすすめの演出アイデアをご紹介していきますね。

ひとりずつ自己紹介

家族婚の演出アイデアとしておすすめするのは、「ひとりずつの自己紹介」です。結婚する新郎新婦からすると、両家の家族や親族についての情報や人となりを何となく知っているかもしれませんが、招かれるゲストからするとまったくの初対面の人になってしまいます。

 

よく考えれば、知らない人同士でお食事するなんて不思議な時間。お互いに自己紹介があれば、どのような人なのかがわかり、食事中も会話が弾んで楽しい雰囲気になるでしょう。自己紹介は、新郎新婦から開始すれば他のゲストも勢いで喋りやすくなります。

プロフィールブックを配布

プロフィールブックとは、結婚式で新郎新婦からゲストに渡すペーパーアイテムです。新郎新婦のプロフィールやふたりの想い出の写真を入れたり、当日の席次表や両家の家系図を載せたりなど、家族婚の演出アイデアとして大人気!

 

プロフィールブックは業者にオーダーするもよし、少人数だからこそ新郎新婦による手作りを作成しても素敵です。家族婚に参加した全員が、帰宅してからもプロフィールブックを見返して、当日の楽しい時間をゆっくりと振り返ることができます。

新郎新婦からのケーキサーブ

たくさんのゲストを招く結婚式は、主役の新郎新婦と会話する時間が限られてしまう演出になりがち。ゲストと新郎新婦がお互いに、もう少し触れ合う時間が欲しいと思うこともあるでしょう。しかし、少人数の家族婚なら新郎新婦とゆっくり会話する時間を作れます。

 

おすすめのアイデアは、新郎新婦からゲストひとりずつへのケーキサーブ。新郎新婦から足を運んでもらった感謝を直接ゲストに伝えることが可能です。特製ウェディングケーキのサーブで、ゲストとの距離感が縮まり、仲良くなれるでしょう。

リングボーイやフラワーガールをお願いする

ゲストのなかに小さい子供がいるなら、リングボーイやフラワーガールをお願いするのも家族婚の演出アイデアのひとつです。小さい子供は大人たちの結婚式を見るだけ、料理を食べるだけ、椅子に座るだけとなると、元気が有り余ってしまうことも。

 

リングボーイやフラワーガールをお願いすれば、小さなゲストも結婚式に参加する目的を自分のなかに持てるでしょう。また、お手伝いを立派に果たしたことで「参加してよかった」「楽しかった」と子供ながらに満足感を得られるはずです。

両家を紹介するムービーを流しても

家族婚の演出アイデアでおすすめなのは、両家のこれまでの歩みを簡単に紹介するムービーを流すこと!幼いころの家族写真や思い出の品などを用いながら、簡単に家族の歴史を紹介し合うのもよいですね。

 

これから人生を共にする新郎新婦といえども、お互いに「知らなかった」なんて出来事もあるかも?また、時間の経過で家族が過去のイベントを忘れていることも多いので、シンプルに懐かしい話を思い出すのも会話が盛り上がるものです。

ビンゴゲームで素敵な賞品が当たるかも?

少人数の家族婚だからこそ、演出アイデアとして検討してみて欲しいのが特等になる賞品を賭けたビンゴゲームです。ゲーム機や美容グッズなど、親族や家族の欲しいものをあらかじめリサーチしておくと喜ばれるでしょう。

 

誰でもルールを知っているビンゴゲームなら、会場に集まったゲスト同士も初対面だったことを忘れて白熱すること間違いなし!特等賞品以外は、何かしら全員にプチギフトが当たるようにしておくとみんなが楽しい雰囲気になるでしょう。

サプライズは両親への感謝がおすすめ

少人数の家族婚でも、できればサプライズを用意しておきたいもの!おすすめの演出アイデアは両親への感謝にしてはどうでしょうか?花束や手紙を渡す新郎新婦もいますが、最近では手作りの品をプレゼントするケースも増えてきているようです。

 

両親への感謝の手紙は涙を誘う雰囲気で気まずい、苦手に感じるという新郎新婦もいるでしょう。しかし、手作りの品であれば笑いながら両親に感謝を伝えつつプレゼントできるかもしれませんよ。

家族婚のプログラム例

家族婚 アイデア4

ここでは家族婚のプログラム例をご紹介します。どのように演出アイデアを取り入れていけばよいのか?ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

①新郎新婦着付け、ヘアメイク

 

(約2~3時間)
②挙式、集合写真撮影

・リングボーイ、フラワーガールの演出

(約1時間)
③披露宴(食事会)

・挨拶、乾杯

・演出アイデアの例

①ひとりずつ自己紹介

②新郎新婦からのケーキサーブ

③ビンゴゲーム

④サプライズ

・両家挨拶、閉会

(約2時間)
④新郎新婦によるゲストお見送り (約30分間)

家族婚で「演出なし」の場合

家族婚 アイデア5

少人数の家族婚だからこその適した演出アイデアをご紹介いたしました。しかし、なかにはもちろん「演出なし」の家族婚を選択したいカップルもいるでしょう。演出に興味がなかったり、恥ずかしくてやりたくないと感じる人もいるものです。

 

「演出は考えていない」「演出なしにしたい」というシャイなふたりには、食事や歓談を中心にしたアットホームな流れがおすすめ。せっかくのお祝い膳ですから、みんなで食事や会話のみを堪能するのも楽しい雰囲気になるでしょう。

家族婚の演出アイデアまとめ

家族婚 アイデア6

家族婚では、少人数でも映える演出アイデアが人気です。ご紹介したアイデア例をぜひ参考にしてみてください。みんなが無理なく楽しいと思えるものであれば、緊張混じりの空間が驚くほど和やかになるでしょう。

 

もちろん、アイデア例や演出なしの家族婚を選ぶカップルもおられます。そんなときは、美味しい食事と歓談を中心に楽しんでいきましょう。ふたりらしい「演出あり」「演出なし」の家族婚で、大切な1日を彩ってみてくださいね!