ブライダルジュエリー

婚約指輪の予算20万円は安い?おすすめブランドは?

婚約指輪の予算が20万円というのは安いのでしょうか?価格だけを見ると、20万円は大金であるものです。ひと月の手取りが20万円という人もいるでしょう。とはいえ、20万円でダイヤのついたプラチナ素材のリングが買えるのかどうかもよくわからないものです。

 

そこで今回は、婚約指輪の予算は20万円だと安いのか、平均的な相場と合わせてご紹介いたします。おすすめのブランドや人気のデザインもまとめてみました。予算20万円で婚約指輪の購入を検討している人はぜひご参考ください。

婚約指輪の予算20万円は安い?

婚約指輪 20万 安い2

婚約指輪の予算が20万円だと、一般的にみて少し安いと感じる人もいるかもしれません。婚約指輪の予算相場は30〜40万円ほどといわれています。しかし、この予算相場は結婚する際の年齢や収入などにもよるので、一概には言い切れないでしょう。

 

たとえば、新卒3年目で結婚する25歳男性と勤続10年目で結婚する32歳男性がいたとします。年齢も収入も全く違う両者の婚約指輪の予算が同じとは考えにくいのではないでしょうか?

 

また、年齢を重ねていても収入に余裕のない男性もいるものです。職業によっては、ボーナスのある人、ない人といった違いもあるでしょう。そのため、婚約指輪の予算20万円は一般的に安いかもしれないけれど、何ら問題はないといえそうです。

高い・安い婚約指輪の違いとは?

婚約指輪 20万 安い3

婚約指輪の予算20万円は一般的に少し安いと感じる人もいるけれど問題はなし!そもそも、婚約指輪は金銭的に無理をしてプレゼントするものでもないので、できる範囲での気持ちを贈りたいものです。

 

ただし、予算20万円で婚約指輪を探そうと思うと、ある程度は購入先やダイヤの重さなどが限られてしまいます。ここでは、高い婚約指輪と安い婚約指輪の違いを解説していきます。

ハイブランドの婚約指輪は厳しい

高い婚約指輪と安い婚約指輪の違いは、ハイブランドであるかどうかがひとつの目安となってきます。結婚指輪なら予算20万円あれば、ティファニーやカルティエなどの人気ハイブランドでも十分な選択肢があります。

 

しかし、予算20万円の婚約指輪となるとハイブランドでの購入は厳しくなってしまうでしょう。婚約指輪のほとんどが一粒ダイヤのデザイン。そうなると、石なしのリングでもけっこうな価格がするのがハイブランドです。

 

そのため、ティファニーやカルティエなどのハイブランドで婚約指輪が欲しいなら、予算20万円は安いので見直す必要があるでしょう。

「4C」にも影響される

高い婚約指輪と安い婚約指輪の違いは、ダイヤの品質評価基準である「4C」にも影響されます。これは国際的なダイヤモンドの評価基準。カラット(重量)、カット(輝き)、カラー(色)、クラリティ(透明度)の4観点から、グレードが決定します。

 

上質で大きなダイヤモンドの婚約指輪であるほど価格が高くなるというわけです。ちなみに、婚約指輪の平均カラット数は0.2~0.4カラット。少し安い予算20万円の婚約指輪なら、0.2カラット以内で探すことになりそうです。

リングの素材によっても違う

婚約指輪に使われる素材には、プラチナやゴールドがあります。高い婚約指輪と安い婚約指輪の違いには、素材やその純度にも左右されるでしょう。以下はブライダルジュエリーによく使われる金とプラチナの純度になります。

 

金の純度 混合物
K22 混合物8.3%
K18 混合物25%
プラチナの純度 混合物
Pt950 混合物5%

 

ゴールドよりプラチナのほうが希少価値が高いとされています。そのため、ゴールドの婚約指輪のほうがデザインによっては安く購入できるケースもありますが、ブライダルジュエリーとして人気の素材はプラチナとなっています。

鍛造製法だと高めの価格に

高い婚約指輪と安い婚約指輪の違いには、製法によるコストも組み込まれるでしょう。ブライダルジュエリーには、溶かした金属を型に流し入れる鋳造製法と叩いて金属内の空気を抜き密度を上げる鍛造製法の2パターンがあります。

 

後者の鍛造製法でつくるほうがコストがかかるため、価格も上昇する傾向にあります。しかし、鍛造製法を採用しているメーカーやブランドはまだまだ少なめ。そのため、予算20万円で鍛造製法の婚約指輪を探すとなると少し難しいかもしれません。

予算20万円で婚約指輪を選ぶ際のポイント

婚約指輪の予算20万円というと、少し安いイメージがあるかもしれません。しかし、選ぶときのポイント次第では、20万円は婚約指輪の予算として十分な金額となります。

 

予算20万円以内に収めたいときの婚約指輪を選ぶポイントを以下にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

  • 国内ブランドから検討する
  • ダイヤは0.2カラットまでが目安
  • 素材は好みのもので大丈夫
  • 製法にはこだわらない

 

上記の4つのポイントを参考にして検討すれば、予算20万円でも素敵な婚約指輪と出会えるはずです。

【予算20万円】婚約指輪のおすすめブランド

婚約指輪 20万 安い5

ここからは、少し安い予算20万円で購入できる婚約指輪のおすすめブランドをご紹介いたします。人気のデザインもピックアップしてみましたので、ぜひチェックしてみてください。

K.UNO(ケイウノ)

20万円までの安い予算で購入できる婚約指輪のおすすめブランドは「K.UNO(ケイウノ)」です。1981年に創業した愛知発のジュエリーブランドで価格のリーズナブルさが魅力。代表取締役社長である久野雅彦氏の苗字「KUNO」が社名の由来となっています。


画像

婚約指輪で人気のデザインはカテリーナ。0.2カラットのダイヤモンドで、素材はプラチナ950と上質な組み合わせです。価格は税込198,000円。ハピネスクラウンⅡであれば、0.2カラットのプラチナで税込165,000円になります。

婚約指輪・結婚指輪・オーダーメイドのケイウノブライダル
『シンプルに。ふたりらしく。』
大切な絆を指輪にこめる。想いを叶えるオーダーメイド

I-PRIMO(アイプリモ)

ブライダルリング専門店の「I-PRIMO(アイプリモ)」も、20万円までの安い予算で婚約指輪を購入できるおすすめのジュエリーブランドです。ダイヤの質、デザイン、価格と評価が高く口コミ数もかなりの数にのぼるほど大人気!

 

おすすめのデザインは税込価格172,700円のシリウス。王道の立て爪ダイヤモンドリングで、カラット数は0.18カラットから、プラチナ950の組み合わせです。

I-PRIMO シリウス

4℃BRIDAL(ヨンドシーブライダル)

少し安い予算の20万円で婚約指輪を探すなら、「4℃ BRIDAL (ヨンドシーブライダル)」も素敵です。創業50周年を迎えるブライダルリング専門店で、デザインの豊富さ、質の良さで大人気のジュエリーブランド。

 

おすすめの婚約指輪のデザインは、清純をテーマにしたピュアネス。0.15カラットのダイヤモンドとプラチナ950の組み合わせです。税込価格は198,000円。全国に店舗があるので、足を運びやすいところも魅力です。

4℃BRIDAL ピュアネスコレクション

TRECENTI(トレセンテ)

1989年に銀座で誕生した「TRECENTI(トレセンテ)」も、少し安い予算の20万円以内で婚約指輪を探すときにおすすめです。トレセンテは着け心地の良さでも支持の高いジュエリーブランド。

 

人気のデザインは、ローマ神話で愛と美の女神をモチーフにしたウェヌス。トレセンテのダイヤモンドは0.15カラットから用意されています。素材はプラチナ950で、税込価格158,400円から購入可能です。

TRECENTI ウェヌス

予算20万円で素敵な婚約指輪は見つかる

婚約指輪 20万 安い6

婚約指輪で予算20万円は少し安いかもしれません。とはいえ、婚約指輪の相場価格は年齢や収入にも左右されるので、とくに問題はないでしょう。

 

おすすめの人気ブランドであれば、素敵なデザインでダイヤつきのプラチナリングが見つかるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。