内祝い・ギフト

結婚祝いのお返しにおすすめの食べ物9選!選び方&注意点も

結婚祝いのお返しに食べ物を贈ろうと思っている人もいるでしょう。しかし、「結婚内祝いに食べ物はマナー違反ではないの?」「どれがいい?」といった心配もあるはず。そこで今回は、結婚祝いのお返しにおすすめの食べ物を選び方や注意点も含めてご紹介いたします。

 

3000円、5000円、1万円と人気の価格帯のギフトをメインにまとめてみました。家族や親戚、友人や職場の人へ、結婚祝いのお返しに食べ物を贈ろうと考えている人はぜひご参考ください。

結婚祝いのお返しに食べ物はあり?

結婚祝い お返し 食べ物2

結婚祝いのお返しに食べ物を贈るのは「あり」です。内祝いのマナーとしても問題ありません。とくに、最近ではおうち時間が増えてきており、外食も容易ではない状況になりつつあるので、自宅で高級感のある食べ物に対する需要が高い傾向が強くあります。

 

とはいえ、結婚内祝いに食べ物を贈る場合は、選び方とともに注意しておきたい点がいくつかあります。配慮に欠けてしまうと、せっかくのギフトをお相手に喜んでもらえない結末にもなりかねないので、購入前にぜひチェックしておきましょう。

結婚祝いのお返しの食べ物の選び方&注意点

結婚祝い お返し 食べ物3

では、結婚祝いのお返しに食べ物を贈る際の選び方や注意点を詳しくご紹介していきます。どのようにして選んでいけば、家族や親戚、友人や職場の同僚、上司などに喜んでもらえるギフトを探せるのでしょうか?

予算

結婚祝いのお返しに食べ物を選ぶ場合は、予算が選び方の軸になってきます。お返しの予算は、結婚祝いにもらった金額の半返しから3分の1が目安。友人や職場の同僚であればもらった金額の半額で、目上の人や職場の上司なら3分の1となります。

 

家族や親戚に対する結婚内祝いなら、お返しに対する内輪のルールがないかどうかも確かめておきましょう。家族や親戚からの結婚祝いは高額になりがちなので、半返しではなく3分の1ぐらいであることも多いです。

 

このように目安の金額の範囲内で、下回ったり上回ったりしすぎないように探していきましょう。食べ物ギフトの主流の価格帯は3000円、5000円、1万円あたり。もちろん、500~1,000円ぐらいのプチギフトも人気です。

相手の好み

結婚祝いのお返しに食べ物を選ぶ場合は、相手の好みも選び方に大きく関わってきます。相手と日頃から仲が良いのであれば、好きな食べ物から選んでいくと喜んでくれるでしょう。反対にそれほどコミュニケーションのない相手であれば、万人受けする食べ物がおすすめ!

 

また職場の上司であれば、上司の好まない食べ物を贈らないように気を付けておきましょう。知らずに贈ってしまったとしても、印象が悪くなってしまいます。職場で相談できる人がいれば、事前にリサーチしておくと安心です。

賞味期限に要注意

結婚祝いのお返しに食べ物を選ぶ際は、賞味期限に要注意です。できるだけ日持ちする食べ物を選んだほうが、もらった相手の負担も少なくなるでしょう。お菓子やお肉や野菜などの加工品、コーヒーなどのドリンク類がおすすめです。

 

生肉やフルーツギフトなどの賞味期限の短いものを贈りたい場合は、仲の良い人のみにしておいたほうが無難。また、夏場は冷凍庫がアイスなどの食品でいっぱいになりやすいので、サイズの大きな冷凍品は避けておいたほうがよいかもしれません。

結婚祝いのお返しにおすすめの食べ物9選

結婚祝い お返し 食べ物4

ここからは、結婚祝いのお返しにおすすめの食べ物を予算別に詳しくご紹介していきます。3000円、5000円、1万円までと人気の食べ物をまとめてみました。

予算3000円まで

予算は3,000円までで、結婚祝いのお返しに食べ物を探している人におすすめなのは、「お菓子」「麺類」「海苔・お茶漬け・佃煮・味噌汁」です。プチギフトとしても選びやすく、とても魅力的です。

お菓子

結婚祝いのお返しで予算3,000円までのおすすめの食べ物といえば、お菓子が定番です。また、お菓子であれば1,000円前後のプチギフトもたくさんあります。少額の結婚内祝いや職場の大勢から連名でお祝いをもらったときのお返しを探すときにも便利!

 

1年を通じてなら、クッキーやフィナンシェ、バームクーヘンなどの焼き菓子がおすすめです。商品によっては、賞味期間が90日間と長いもの、タオルセットになっているものもたくさんあります。夏場であれば、フルーツゼリーも高級感があってよいでしょう。

 

秋・冬など寒い季節なら、チョコレートを使ったお菓子も喜ばれます。年輩の方であれば、和菓子もぜひ候補に入れてみてください。あられやおせんべい、ぜんざいなど、食べやすくておすそ分けもしやすいギフトが揃っています。

麺類

結婚祝いのお返しで予算3,000円までの食べ物で、甘いもの以外を探しているなら麺類がおすすめです。そうめん、稲庭うどん、信州そばなど、贈る相手の年齢を問わず、食卓に活用しやすい乾麺がたくさんあります。

 

木箱に入っているギフトも多いので高見えしやすいのも嬉しいポイント!日持ちもしやすいので、いただいた後に賞味期限に焦ってしまうこともないでしょう。好みであれば、盛岡冷麺やラーメンなども選択肢です。

 

若い世代の人へのお返しなら、パスタセットも喜ばれるでしょう。ソースつきなら、レシピに迷わず食せて便利です。また、ショートパスタであれば、意外と1,000円前後のプチギフトが豊富で魅力的です。

海苔・お茶漬け・佃煮・味噌汁

最近では、ご飯のお供にこだわる人が世代に関係なく増えつつあります。そのため、予算3,000円までの食べ物で結婚祝いのお返しを探しているなら、海苔・お茶漬け・佃煮・味噌汁もおすすめです。

 

万人受けするのは、海苔や味噌汁です。海苔であれば味付けされた有明産の海苔が定番品!フリーズドライのお味噌汁であれば、朝食だけでなく職場のお弁当としても活用できるでしょう。年輩の人やお酒好きの人であれば、お茶漬けや佃煮も喜ばれます。

 

最近では、最中にお茶漬けのもとが入ったギフトも注目されているので、ぜひ候補に入れてみてください。佃煮であれば、昆布やじゃこ、まぐろ、のりなど、おにぎりの具材やお酒のあてなど幅広く使い回せるものが便利です。

予算5000円まで

予算が5,000円までの食べ物で結婚祝いのお返しとなると、ギフトの種類が格段に増えるので選ぶほうもとてもラクになってきます。予算5,000円までのなかでとくに人気の「調味料」「コーヒー・紅茶」「はちみつ・マヌカハニー」についてご紹介していきます。

調味料

予算が5,000円までの食べ物で結婚祝いのお返しを選ぶなら、調味料がおすすめです。調味料にこだわると、料理の腕が格段に上がります。とはいえ、調味料はけっこうなお値段がするものが多いので、自分で買うとなると意外に躊躇してしまうアイテム。

 

そのため、家族や親戚、友人や職場の人で料理好きな人がいるなら調味料を内祝いに選ぶと喜ばれるでしょう。おすすめは、普段使いでは購入しないような高級感のある醤油やオリーブオイルです。

 

醤油やオリーブオイルはあらゆる料理に使えて、なおかつ消耗品。いつの間にか切らしてしまいがちなアイテムでもあるので、重宝されやすいです。冬場であれば、お鍋やお正月料理に必須のお出汁も大活躍してくれます。

コーヒー・紅茶

コーヒーや紅茶も、予算が5,000円までの結婚祝いのお返しにおすすめです。コーヒーや紅茶を飲まない人は少なく、来客があったときにも便利。お相手の食べ物の好みがよくわからない場合の内祝いにもうってつけです。

 

コーヒーギフトなら、特別感のあるスターバックスや猿田彦珈琲のドリップパックが選びやすいでしょう。若い世代の人への内祝いなら、水やお湯を注ぐだけですぐに飲めるINIC Coffee(イニックコーヒー)も面白みがあります。

 

紅茶であれば、人気なのに店舗数が少ないマリアージュフレールやロイヤルコペンハーゲンなどがおすすめです。身近にある店舗で紅茶のギフトを内祝いにするなら、ルピシアが行きやすいでしょう。

はちみつ・マヌカハニー

予算が5,000円までの結婚祝いのお返しに食べ物を検討しているなら、はちみつやマヌカハニーもおすすめです。はちみつやマヌカハニーはトーストやお菓子作り、紅茶やコーヒーの砂糖代わりに使えるだけでなく、美容面でも効能があるので、とても喜ばれるでしょう。

 

また、どちらも値段が高いので、身体によいとわかっていても普段は購入に躊躇してしまいやすいところもおすすめのポイント!はちみつギフトなら、桐箱入りでおしゃれなHACCI(ハッチ)や知名度の高い山田養蜂場が選びやすいです。

 

マヌカハニーなら、高島屋のオンラインギフトが便利。人気のマヌカヘルスやNEW ZEA+J(ニュージージェー)、PBees(ピービーズ)など、複数のブランドから検討できます。百貨店なので、のし掛けなどギフト対応にも安心感があって便利です。

予算1万円まで

予算が1万円までの結婚祝いのお返しで食べ物となると、高額なため少し迷いがちになってくるものです。こんなときは、思い切って高級品を選ぶのがおすすめ!人気の「お肉」「お酒」「水産加工品」にスポットを当ててお伝えしていきます。

お肉(加工食品含む)

予算が1万円までの結婚祝いのお返しでおすすめの食べ物はお肉です。生肉を含め、ハムやソーセージなどの加工品も含まれます。仲のよい人であれば賞味期限に気をつけながら、生肉のギフトを贈るのもよいでしょう。

 

高級感のある松阪牛や米沢牛、近江牛などのブランド牛がおすすめ!焼肉やすき焼きにすれば、自宅にいながら外食を楽しんでいるような気分になれます。また、友人や職場の同僚なら、ボイルすればすぐに食べられるレトルト加工のハンバーグがイチオシ!

 

食べ盛りのお子さんがいるご家庭なら、作る手間も省けるのでとても喜んでもらえるでしょう。加工品のソーセージやハム、ローストビーフなどであれば、自宅で楽しむだけでなく、パーティーやBBQの1品としても役立ちます。

お酒

結婚祝いのお返しに予算1万円までで食べ物を選ぶなら、お酒もおすすめです。とくに、職場の上司や目上の人で毎日欠かせないほど飲むようなお酒好きなら、かなり喜んでもらえるはずです。高額な予算を活かして、普段飲みはしづらいアイテムを選んでいきましょう。

 

人気のギフトはナギサビールや独歩ビールなどのクラフトビールの詰め合わせです。ギフトの種類によっては、ハムやソーセージとセットになっているものもあります。高級ワインも結婚内祝いとしてよいでしょう。

 

ロゼや白ワインも美味しいですが、赤ワインが無難です。11月以降の解禁日に渡せるなら、ボジョレー・ヌーヴォーがイチオシ!高級ウィスキーなら、ロックで飲んでも、ハイボールにしても楽しめます。

水産加工品

予算1万円までの食べ物を結婚祝いのお返しにしたいなら、水産加工品もぜひ検討してみてください。水産加工品のおすすめは、うなぎや西京漬け、新巻鮭などです。どれも、普段の食卓におかずとして上るには少し高いものばかり。

 

だからこそ、内祝いにもらったときの感動が強いものです。とくに、ギフト用のうなぎは国産のものがほとんどなので、特別感や高級感は格別!タレや山椒付きで食べるときも温めるだけなので、休日に台所を離れてゆっくりしたい日にも喜ばれるでしょう。

 

西京漬け、新巻鮭であれば、週末のリッチな朝食や夕食にも活用しやすくて便利。若い世代の人より、年輩の人であればあるほど水産加工品は好まれます。また、賞味期限も30~60日など長めであるところも魅力です。

結婚祝いのお返しに素敵な食べ物を贈ってみては?

結婚祝い お返し 食べ物5

結婚祝いのお返しに食べ物を選ぶのは、マナー的にも大丈夫です。身内ではなく、友人や職場の人であれば、賞味期限に気を付けながら選んでいきましょう。主流となる価格帯は、3000円、5000円、1万円です。

 

贈る相手の好みの食べ物なら喜びもひとしおでしょう。情報が少ない相手なら、万人受けする食べ物ギフトから選ぶと安心です。この記事を参考に、素敵な結婚内祝いを見つけてみてくださいね!