よみもの

結婚式を2人だけでやる理由!メリット・デメリットも

理由があって2人だけの結婚式をするカップルが増えています。そのため、家族や友人を招待して食事することもなく、完全にふたりだけで挙式するプランを提案しているブライダル企業も増えてきました。

 

海外や沖縄、軽井沢などのチャペルで2人だけの挙式、写真だけのフォトウェディングが大人気!とはいえ、2人だけで準備をしての結婚式を希望する若い世代の背景も気になるものです。

 

そこで今回は、2人だけの結婚式をする理由をメリットやデメリットとともに詳しくご紹介します。2人だけの結婚式を検討している人、2人だけでやるか迷っている人はぜひ読んでみてください。

「2人だけの結婚式」が増えている背景

結婚式 2人だけ 理由2

従来の結婚式プランというと、家族や親戚、友人をたくさん招き、豪華な食事を楽しんだり、余興で盛り上げたり、集合写真を撮ったりする。そんな華やかなイメージが強かったはず。

 

しかし、最近では若い世代の結婚式に対する価値観が多様化してきたり、コロナが引き起こしたさまざまな影響があったりで、ふたりだけの結婚式を検討するカップルが増えてきました。

 

これまでならきっと、「2人だけで結婚式をするなんて、何か特別な理由でもあるの?」と心配されるケースであったでしょう。時代はどんどん流れ、変化していきます。2人だけの結婚式もふつうとされる時代がもうすぐそこに来ているというわけです。

結婚式を2人だけでやる理由

結婚式 2人だけ 理由3

ここからは、結婚式を2人だけでする理由を掘り下げてご紹介していきます。若い世代の結婚式に対する価値観の多様化やコロナの引き起こすさまざまな影響とは、いったいどういうことなのでしょうか?

従来型の結婚式が理想ではない

今時の若い世代が結婚式をふたりでやる理由は、従来型の結婚式が理想のスタイルではないということです。家族や友人、職場の人などたくさんのゲストを招き、盛大に行う挙式や披露宴は若い世代の憧れではなくなってきたのでしょう。

 

それどころか、従来型の結婚式に対して、大人数の前で注目を浴びて恥ずかしい、誓いのキスやファーストバイト、両親への感謝の手紙を読むなどやりたくない、何が楽しいのかまったくわからないなど、ネガティブな要素を感じているカップルも多いようです。

スケジュールの問題

仕事が忙しくスケジュール調整がつかない。結婚式の準備に時間を捻出できない。そういった理由で2人だけの結婚式をするカップルもいます。結婚を考える年齢は20代から30代が最も多いと思われますが、その世代はまさに働き盛り。プライベートな時間は貴重です。

 

家族や友人のスケジュールまで考えていては、いつまでたっても挙式の日取りを決められないこともあります。また、新郎新婦の誕生日や記念日など、限定した日取りで結婚したい場合なども調整が難しく、2人だけの式となるケースが多いです。

お金の問題

豪華な会場、美味しい食事、素敵な演出など、結婚式の料金プランの相場は約300万円といわれる時代。高額すぎて、誰しもが捻出できる金額ではないでしょう。しかし、2人だけなら無理のない範囲で希望の挙式ができます。

 

また、結婚式にお金をかけるなら他のことに使いたいといった価値観の問題もあるでしょう。このように、お金との折り合いをつけた結果が、2人だけの結婚式をする理由となったカップルもたくさんいます。

コロナが心配

コロナの感染対策をどこまでするかは、個人の価値観によってかなり異なるもの。コロナの終息が見えない今、価値観の分裂しやすい状況はトラブルの元になってしまいやすいです。そのため、密になるウェディングイベントを避けたいと考えるカップルも多くいます。

 

また、家族に高齢者がいる場合はたくさんの人が集まる結婚式に招待することを躊躇してしまうことも。結婚式はしたいけれど、ゲストがコロナに感染してしまうかもしれないことが心配!そういった理由で2人だけの結婚式を選択するカップルもいるのです。

結婚式を2人だけでやるメリット・デメリット

若い世代が結婚式を2人だけでやる理由はさまざま。とはいえ、従来型の結婚式とはかなり違ったスタイルとなるので、メリットやデメリットもチェックしておくと後悔がないでしょう。ここからは、結婚式を2人だけでやるメリット・デメリットを紹介していきます。

メリット①新郎新婦の理想を叶えやすい

結婚式を2人だけでするメリットは、新郎新婦が結婚に抱く理想を叶えやすいということです。2人だけならスケジュール調整も簡単!海外での挙式だって行いやすいでしょう。

 

何か月も前から結婚式の準備に追われることもありません。準備に関する忙しさや意見の違いを理由に、結婚前から大喧嘩になってしまう不本意な事態も回避できるでしょう。

メリット②お金で無理をしなくて済む

結婚前に新郎新婦が不仲になってしまうのは、式に莫大なお金がかかってしまうこともひとつの理由です。式場から手渡される実際の見積金額にショックを受けたカップルも多いでしょう。

 

こうなると、食事のグレードを下げたり、花嫁が持つブーケの生花を減らしたりなど現実的なプラン変更を迫られていきます。しかし、2人だけの結婚式なら、お金で無理をしなくて済むことがメリット!

 

それどころか、「ふたりだけ」にお金をかけられるので、出費に対する満足度は爆上がりするでしょう。ふたりの希望によっては、格安プランで結婚式をすることだって可能です。

メリット③ゲストに負担をかけなくて済む

従来型の結婚式を挙げるとなると、家族や友人といったゲストにもそれ相応の負担がかかることになってしまいます。コロナ感染の恐れ、金銭的な負担など、さまざまな面で無理をお願いすることになってしまうでしょう。

 

しかし、2人だけの結婚式なら、それらを理由に新郎新婦が申し訳ないと思ってしまうことがありません。2人だけの結婚式は、誰にも負担をかけず、自分たちも幸せになれることがメリットです。

デメリット 近しい人の理解が必要

最後に、2人だけの結婚式をすることのデメリットをお伝えしておきます。それは、近しい人の理解が必要になる、ただひとつだけです。ふたりだけの結婚式は新郎新婦にとってはメリットだらけかもしれません。

 

しかし、メリットだけを理由に強行突破すれば「親ですら結婚式に呼んでくれないの?」なんて、家族と溝ができてしまうことも。また、新郎新婦のどちらかだけが結婚式を2人でやりたいと思っている場合も、希望と異なるほうに不満が残るでしょう。

 

2人だけの結婚式をするなら、お相手も含め家族の理解が必要!後日に食事会を開催するなど、近しい人たちの理解を得られるようにする行動も必要となりそうです。

2人だけの結婚式を考えているカップルへ

結婚式 2人だけ 理由5

さまざまな理由から、2人だけの結婚式をするカップルが増えてきました。価値観の多様化やコロナの影響で、従来の結婚式を選ばないカップルはこれからも増えていくでしょう。しかし、お相手や育ててくれた家族くらいには理解を求めたほうがよさそうです。両親が希望されるなら、代替案として家族のみの食事会プランなどもぜひ検討してみてください。

 

dakedoについて

結婚式をしないと決めたお2人に向けて、新しい選択肢を提供するメディアです