フォトウェディング

フォトウェディングでよくあるトラブル3つ!失敗しないための注意点も

せっかくのフォトウェディングなのにトラブル発生?一生に一度の記念日なのに、嫌な思いをしたくはないですよね。フォトウェディングにはリハーサルがないため、いってしまえば当日のぶっつけ本番のようになってしまいます。

 

「失敗した」「やらなきゃよかった」とならないように、よくあるトラブルやトラブルを防ぐ注意点をご紹介いたします。フォトウェディングを検討している人、興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

フォトウェディングでのトラブルは多い?

フォトウェディング トラブル2

入籍をしても結婚式を必要としない「ナシ婚」カップルが増えてきた現在。そして、結婚式の代わりとして、フォトウェディングが注目されるようになってきました。フォトウェディングは挙式や披露宴をするよりリーズナブルに思い出作りできるとあって大人気!

 

しかし、稀に新郎新婦とスタジオとの間でギクシャクしてしまうトラブルがあるようです。

件数としては決して多いわけではないですが、よくあるトラブルの内容を事前に知って、後悔のない素敵な写真を残していけるようにしていきましょう。

フォトウェディングでよくあるトラブル3つ

フォトウェディング トラブル3

ここからは、フォトウェディングでよくあるトラブルを3つご紹介していきます。この3つに注意すれば、ふたりの大切な日の満足度はぐーんとUPさせることができるはず!では早速、お伝えしていきましょう。

カメラマンやスタッフと相性が悪い

フォトウェディングのトラブルとしてよくあるのが、スタジオのカメラマンやスタッフとの相性の悪さです。「男性カメラマンが高圧的だった」「スタッフの配慮に欠けた言動にガッカリ」などは、フォトウェディングのトラブルとして寄せられやすい意見。

 

新郎新婦にとっては、一生に一度の記念写真です。たくさんの理想や胸に募る想いがあるでしょう。とくに新婦にいたっては、緊張や疲れから当日は繊細になりやすくあります。そんなとき、カメラマンやスタッフと相性が悪ければ最悪な事態に!

 

なかには、希望しない構図での撮影を強引に推し進めてしまうカメラマンもいます。これは、もし新郎新婦が気に入って購入になったら売り上げが増えるから。相手のよかれと思っての行動も、新郎新婦には思わぬストレスとなりがちです。

安っぽい衣装やヘアメイクで大失敗

衣装が思ってた以上に安っぽい、ヘアメイクで大失敗されて最悪。これらもフォトウェディングのよくあるトラブルです。みなさんは貸衣装を利用した経験はあるでしょうか?

 

貸衣装を利用したことがあると、「プラン料金がこんなにリーズナブルだと、衣装が安っぽいかもしれない」とある程度想像がつくものです。しかし、まったく知らないと「ドレスが安っぽい!」となりがちです。

 

ヘアメイクでの大失敗も同じ。スタジオにいるヘアメイクの女性は専門的な勉強をしたプロと思ってしまいがちですが、そのセンスは個人差が激しいです。仕上がりを見て、ガッカリどころかやり直してしまいたくなる場合もあるでしょう。

 

最終的に衣装が安っぽい、ヘアメイクも大失敗となると必然的に、せっかくの記念写真が気に入らなくなってしまいます。そして、「この店を選ばなきゃよかった」と、写真スタジオとトラブルになってしまうのです。

思っていたよりも高額料金

格安の料金設定でフォトウェディングをPRしているお店もあるでしょう。しかし、その多くは良い意味で客寄せのプラン。スタジオは、そこから撮影枚数の追加やフレームやアルバムのグレードアップなど、いろいろとおすすめしてくる場合が多いです。

 

そして、リーズナブルなウェディングドレス1着の料金プランで申し込んだはずが、最終的な見積もりでは思っていたよりも高額な料金に…。とはいえ、写真の出来上がりがよいと新郎新婦も予算オーバーであっても納得するものです。

 

フォトウェディングでトラブルとなるのは、高額な料金に成果物が釣り合わなかった場合。先にご紹介したカメラマンやスタッフと相性が悪い、写真も気に入らないとなれば、「このクオリティでこんなに支払わないといけないの?」と苦情になってしまうのです。

フォトウェディングでのトラブルを防ぐための注意点

フォトウェディング トラブル4

数は多くないものの、決して遭遇しないとは言い切れないフォトウェディングでのトラブル。ここからは、そんな大切な日のトラブルを防ぐための注意点をご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

複数の店舗の下見をする

フォトウェディングでのトラブルを防ぐための注意点は、複数の写真スタジオを頑張って下見することです。仕事が忙しいと、下見に回る必要な時間がなかなか捻出できないかもしれません。

 

しかし、比較検討してみると、写真スタジオによって提供するサービスの違いを実感することができるでしょう。カメラマンやスタッフとの相性も、新郎新婦にとってよりよいスタジオを選択できるはずです。

しっかりと打ち合わせをする

どのようなタイプの衣装を必要としているのか、どのようなヘアメイクを希望しているのか、しっかりと打ち合わせをすることもフォトウェディングでのトラブルを防ぐための注意点です。

 

できれば、なりたいイメージの画像や雑誌の切り抜きなどを持参するとスタジオにイメージを伝えやすいでしょう。カメラマンやスタッフが見てわかるようにしておくことは重要です。言葉だけだと、捉え方には個人差があるので実現が難しくなってしまいます。

予算を多めに用意しておく

フォトウェディングでのトラブルを防ぐための注意点は、予算を多めに用意しておくことです。とくに格安のプランであればなおさら必要です。プロのカメラマンによる写真撮影は、もともと安くはないもの。

 

そのため、ある程度は予算を多めに用意しておくと「こんなはずじゃなかった」「広告に載っている料金と違う」という気持ちにならなくて済むでしょう。また、先にお伝えしたように複数の写真スタジオを下見すれば、費用に対する相場観も養えるでしょう。

フォトウェディングで失敗しないために

フォトウェディング トラブル5

当日のぶっつけ本番になりがちなフォトウェディング。失敗して最悪とならないように、注意点を参考にしてみてください。必要とする衣装、希望するヘアメイク、カメラマンやスタッフとの相性のよさなど、時間をかけて選択していきましょう。新郎新婦ふたりの選択が「やってよかった」と思えるかどうかにつながっていきます。

dakedoについて

結婚式をしないと決めたお2人に向けて、新しい選択肢を提供するメディアです