海外ウェディング

ハワイでのふたりだけの結婚式とは?費用やデメリットも併せて解説!

海外での結婚式と言えば必ず候補に挙げられる「ハワイ」ですが、近年では2人だけで結婚式を挙げるカップルが増えています。

日本国内で行う結婚式とは全く異なる「非日常感」は、ふたりの一生の思い出になること間違いなし!

結婚を考えているカップルの中にも、ハワイの地でふたりだけの結婚式をしたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

この記事では、そんな「ハワイでのふたりだけの結婚式の魅力」や「費用やデメリット」について解説していきたいと思います。

海外でふたりだけの結婚式をするカップルはなぜ多い?

挙式を挙げるとなると、国内の結婚式場やホテル、ゲストハウスなどで行ったり、リゾート地で結婚式をするというカップルが多いですよね。

しかし、海外での結婚式も全体の約7.4%を占めるなど、かなりの件数となっています。

そんな中、費用面やお互いの考え方などの理由によって、「ふたりだけの結婚式」を行うカップルの割合も非常に高くなっています。

海外でふたりだけの結婚式をするカップルがなぜ多いのかと言えば、やはり「価値観の多様化」といった部分が大きいと言えるでしょう。

一昔前であれば、結婚式に家族や友人などを招待するのが当たり前となっていましたが、現代では本人たちの考えや価値観がより尊重される時代となっているので、ふたりきりで海外挙式を行うカップルも増えてきているのです。

家族や友人を呼ぶような大人数の結婚式では、数百万円の費用を自腹で払わなければなりませんが、ふたりだけの結婚式であれば費用面の負担が少ないというのも大きな理由の1つだと言えるでしょう。

ハワイでのふたりだけの結婚式の魅力

海外で結婚式を行うカップルは非常に増えましたが、その中でも特に人気の高いのが「ハワイ」です。

年間2万組以上のカップルがハワイで結婚式を挙げています。

海外で結婚式を行うカップルが年間約3万組ですから、3組に2組はハワイで結婚式を挙げていることになります。

いったいなぜそれほどハワイが選ばれるのか、その魅力を挙げてみましょう。

最高のロケーションで結婚式が行える

516587_s

ハワイに一度でも訪れたことがある人であればわかるかと思いますが、そのロケーションは最高です。

美しいビーチに青い空は、非日常感を存分に感じられる大きなポイントだと言えるでしょう。

ハワイは非常に雨が少なく、11月~3月の雨季も日本のように長雨になることが少なく、湿度も低いのでとても快適に過ごすことができるのです。

日本人が多く安心して結婚式が挙げられる

ハワイは、日本人にとって馴染みの深い海外リゾート地です。

現地の結婚式場には日本人も多く在中していますし、日本人でなくても日本語をある程度話せたりもします。

言葉が通じる人が多いので、細かな要望にもしっかりと応えてくれるというのは、大きなメリットであると言えます。

新婚旅行を兼ねることができる

近年では、若者の貧困化が深刻になりつつあり、経済的にそれほど余裕のないカップルも増えています。

一昔前のように盛大な結婚式を行い、その後に海外へ新婚旅行に行くというのはかなりレアなケースとなってきています。

ハワイでふたりだけで結婚式を行えば、結婚式後にそのまま観光も行えるで、新婚旅行も兼ねることが可能なのです。

ハワイでのふたりだけの結婚式にかかる費用

前述したようなハワイでふたりだけで行う結婚式のメリットを知ると、「私たちもハワイで結婚式をしたい」という想いが強まるかもしれません。

そんな人のために、「もしも実際にハワイでふたりだけの結婚式をしたらいくらくらい掛かるのか?」という面も解説しておきましょう。

ふたりだけで結婚式を挙げるのであれば、およそ100万円~130万円程度が相場となりますが、内容を調整することで低く抑えることも十分に可能であると言えます。

挙式料

結婚式場やプランなどによっても多少金額の幅はありますが、挙式料についてはおよそ13万円~20万円程度となることが多いでしょう。

この金額には、教会や会場の使用料や牧師、音楽奏者へのお礼、送迎、ブーケ、コーディネート費用などが含まれます。

渡航費と宿泊費

ハワイでの結婚式を行う場合には、もちろん日本からの渡航費と現地での宿泊費も必要となります。

時期や宿泊するホテルなどによっても多少違いがありますが、およそ5泊7日程度(2人合計)で50万~70万円程度となるケースが多いでしょう。

衣装代

彼女の高い丘を保持している女性

結婚式では、ウェディングドレスやタキシードといった衣装も必要になりますが、こちらはおよそ30万円前後必要になるケースが多いようです。

ハワイの現地で用意してもらうパターンもあれば、日本国内から新郎新婦が直接持ち込むパターンもあります。(費用面ではそれほど差はない)

フォトツアー代

ハワイでの結婚式と言えば、フォトツアーは外せませんよね。

綺麗なビーチなどで撮影する写真は、一生ものの宝物になるはずです。

およそ10万円程度の予算は観ておいた方が良いでしょう。

その他の費用

ハワイでは、前述した費用以外にも一定以上の金額が必要となります。

結婚式の後に観光などをするのであればその費用が必要ですし、食事代やショッピング代、お土産代なども掛かります。

これはそのカップルによってかなり差があるかと思いますが、30万円~40万円程度は必要になる可能性は高いでしょう。

ハワイでのふたりだけの結婚式 デメリット

長所と短所 ストックフォト

最高のロケーションで、なおかつ比較的安価な金額で結婚式ができるというメリットが、ハワイでの結婚式が非常に人気である理由となっています。

しかし、いくつか海外ならではのデメリットがあるというのも事実です。

現地見学をすることができない

国内で行う結婚式というと、何度も見学をしたり式場スタッフと打ち合わせを行います。

しかし、海外での結婚式の場合には、何度も見学に行くことができないので、不安を感じながら当日を迎える可能性が高くなります。

ただし、近年ではリモートで打ち合わせをしたり、現地の映像を確認できたりもするので、大きなデメリットにはならないケースがほとんどだと言えます。

天候によっては飛行機が予定通り飛ばない可能性がある

日本国内であれば、新幹線や車での移動も可能なので、現地に到着できないといったケースはほとんど考えられません。

しかし、海外での結婚式の場合には、飛行機が欠航となればその時点で現地に向かうことを断念せざるを得ません。

プランによっては日程を変更できることもありますが、不安要素が国内での結婚式よりも1つ多くなってしまうのは確かです。

ハワイでのふたりだけの結婚式を手配するには?

「ハワイで結婚式がしたい」と決意したならば、実際に準備を始めて行くわけですが、自分たちですべての手配を行うのはなかなか難しかったりします。

しかし、海外での結婚式の多くは手配業者が存在するので、その担当者と良く話し合いながら進めていくことが重要です。

業者の選び方としては、基本的に「旅行代理店」か「プロデュース会社」のどちらかから選ぶ形となります。

旅行代理店であれば、結婚式以外の部分での手配も可能ですが、細かな打ち合わせは現地の連携しているプロデュース会社と行うことが多くなっています。

プロデュース会社と契約する場合には、非常に細かな結婚式の打ち合わせが可能で、希望に沿った結婚式が行える可能性は高まりますが、結婚式後の部分に関してはノータッチとなるケースが多くなります。

ハワイでのふたりだけの結婚式を検討しているカップルへ

5196029_s

今回は、「ハワイでのふたりだけの結婚式の魅力」や「費用やデメリット」について解説してきました。

海外で結婚式を挙げるというと、大きな費用が必要になるイメージがありますが、ふたりだけで結婚式を行うのであれば100万円~130万円という比較的安価な金額で行うことが可能となっています。

最高のロケ―ションで愛を誓い合えば、2人の愛をさらに深めることがっできることでしょう。

結婚の予定があるカップルの方は、ぜひハワイでの結婚式を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

dakedoについて

結婚式をしないと決めたお2人に向けて、新しい選択肢を提供するメディアです